2018.09.07

土屋太鳳×芳根京子、映画『累–かさね–』で罵倒し合った仲♡

『イブニング』(講談社)の大人気連載『累–かさね–』が遂に実写化。作品では罵倒し合い、取っ組み合いもする土屋太鳳さんと芳根京子さんですが、普段の二人は大の仲良し♡ そんな二人が主演の映画『累–かさね–』は9月7日公開! 今回は撮影時のエピソードをお届けします。

映画『累‐かさね‐』

劣等感の塊のような女性、だけどとても愛おしいです。

醜い容貌ながら天才的な演技力を持つ累(かさね)。美貌に恵まれながらも自分の演技力に限界を感じているニナ。二人はキスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅を使い、お互いの欲望を満たしていく――。

そんな劣等感と欲望をむき出しにした累とニナを演じるのは、二大若手演技派女優の土屋太鳳さんと芳根京子さん。これまで清純なイメージの強かった二人が、ドロドロの女のバトルを展開していることも話題となっている。

二人に、それぞれ累とニナの1人2役を演じた感想を伺った。

土屋太鳳 × 芳根京子

土屋「累もニナも嫉妬とか劣等感の塊のような女性なのに、とても愛おしいと感じました。知れば知るほど、本当の自分を受け入れてくれる人を心の底から求めているんだなあと思って……」
芳根「シーンによって累になったりニナになったりするので、ときどき『今はどっち?』と分からなくなって。太鳳ちゃんの番かと思って黙っていたら違っていて、『私かー!』ということがよくありました(笑)」

ともにNHK朝ドラのヒロイン役を務めるなど、女優として順調に成長してきた二人。
累とニナのような欲望や劣等感は持っているもの?

土屋「私は『マジメだね』ってよく言われるんですけど、それって頭が固いとか柔軟性に欠けるということでもあると思うんですね。実際私は、何事もできるようになるまで全力でやることしかできない性格なので、そこはコンプレックスなんです。でも、頭も固いけど口も堅いんですよ!」
芳根「私は朝ドラの作中でも優秀な姉と比べられる役で。今回も劣等感を抱えている役と聞いて、『そんなに劣等感が似合うのか!?』と思いましたね(笑)。でもこの仕事を始めて、器用じゃないところが魅力と言われるようになって。それってすごく贅沢なことだと思うので、今は〝できない自分〞を自分らしさに変えていきたいと思うようになったんです」

そんなお二人をまた比べて恐縮なのですが、「どっちが◯◯?」という質問をさせていただきたく……。
まずは、どっちがよく喋る?

土屋「私は集中すると無言になるところがあるので、この答えは『きょんちゃん(芳根さんのこと)』かな?」

どっちがよく食べる?
芳根「どっちもよく食べるけど、お肉なら太鳳ちゃんですね。太鳳ちゃんは、スマホにお肉の写真だけ集めたフォルダーを作ってるほどですから!」

最後に、負けず嫌いなのは?
土屋「私は負けず嫌いですね。やっぱり勝負は勝ったほうが楽しいし……」
芳根「お互い負けず嫌いなところがあるから、累とニナとしてもあれだけぶつかり合えたんだと思います。だからこの勝負は引き分けということで!」
映画 「累–かさね–」
9.7(fri.) 公開

醜いけれど天才的な演技力を持つ淵累(芳根京子)と、美しいけれどある秘密から花開けずにいる舞台女優の丹沢ニナ(土屋太鳳)。キスでお互いの顔を入れ替え、自分の足りない部分を埋めることに。が、ともに演出家の 烏合零太(横山裕)を愛したことから運命の歯車が狂い始め……。9/7より全国東宝系にてロードショー。

▼ 最新号を試し読み ▼

撮影/東京祐 スタイリスト/宮澤敬子(WHITNEY、土屋さん)、藤本大輔(芳根さん) ヘアメイク/加藤由紀(土屋さん)、尾曲いずみ(storm、芳根さん) 文/山本奈緒子

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE