2018.09.29

コレクション中の街で発見♡最近増えてる、ストリートヴィンテージ10スタイル!

ファッション好きな人にとってわくわくする季節、秋がこれからやってきます! 今回、海外のコレクション会場の外でのオフランウェイスナップで見かけたのは、大人なストリート感のあるヴィンテージMIXスタイル。いわゆるストリートっていうよりは、女っぽさもあって、オシャレ欲のあるような、ちょっと大人な女性が目標。いま、まさに参考になるスタイルをお届けします。

©gettyimages

​海外のオフランウェイスナップで見るようなスタイルがお手本!
「ストリートヴィンテージ」

いわゆる、フーディーにスニーカー合わせなストリートスタイルではなく、少しカチッとしたコートやアイテムを足したり、足元はきちんとヒールだったりするようなちょっと大人感のあるストリートMIXスタイル。ヴィンテージものをどこかに効かせるとおしゃれ感がでるよ。

 

1.トレンチコート×ラインパンツ

トレンチコートもシルエット大きめが今季のトレンド! トレンチコート¥98000/MIDWEST(REJINA PYO) 中に着たフーディー¥25000/UNION TOKYO ラインパンツ¥8990/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) メガネ¥21000/4K(A.D.S.R.) スカーフ¥1370/DHOLIC(DHOLIC LADISE) ウエストポーチ¥7500/MILKFED.SHINJUKU(MILKFED.) パンプス¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

きちんと感のあるトレンチコートにはあえて、ストリートなラインパンツをイン。さらにウエストポーチをコートの上から巻けばイマドキ感はばっちり。クラシックなトレンチをいかにストリートなアイテムで着崩すかが重要なポイントに!

2.バックロゴMA-1×ロングボトム

右・背中にドカンとロゴの入ったオーバーショルダーのMA-1。カラバリも豊富に展開してるので好きなカラーをチョイスして! MA-1¥11800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) 花柄スカート¥13800/lilLilly TOKYO(lilLilly) タートルニット¥1990/UNIQLO ピアス¥1990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 左・背中に一輪のバラの刺繍が入ったおしゃれなMA-1。前から見るとすごくシンプルなので合わせやすい一枚です。 MA-1¥12037/1991ダウンタウン(OLIVEAND FRANK) チェックトップス¥5990/ザラ・ジャパン(ザラ) フレアパンツ¥7000/jóuetie イヤリング¥16000/Bijou R.I

秋口から冬にかけて、ストリート派に人気のMA-1。今季は、背中にロゴやししゅうが入っていて、シルエットがビッグなものが旬。これにはマキシスカートやパンツなど、ロングボトムを合わせてルーズに着ると今っぽさが出ておすすめだよ!

3.チェックコート×ヴィンテージ風デニム

この秋は、タートルレイヤードが欠かせないよね。 チェックコート¥5990/GU ネオンニット¥3990/ザラ・ジャパン(ザラ) トップス¥3231/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス(ベルシュカ) デニムパンツ¥13800(MOUSSY)、ブーツ¥12990(SLY)/バロックジャパンリミテッド キャップ¥3900/override 明治通り店(override) ピアス¥12000/Bijou R.I

この秋の大本命でもある、ちょっとおじさんぽい柄のトラッドチェックコート。インナーにネオンカラーのタートルを忍ばせ、頭にキャップをかぶれば程よくストリートな感じもプラスされて、いまどきスタイルに!

4.ネオンニット×ジャカード織りパンツ

程よくゆるっと着られるネオンニット。グリーン系のネオンは1枚持ってると出番が多そう。 ネオンニット¥14000/コードナイン(AULAAILA) 柄パンツ¥8980、中に着たトップス¥4480/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) チェックキャップ¥7500/CA4LA ショールーム(CA4LA) ピアス¥5000/lilLilly TOKYO(LILICIOUS) ロングベルト¥1900/プレポワ(one spo) スニーカー¥12800/EMODA ルミネエスト新宿店

この秋冬のトップス大本命といえば、ネオンカラーのニット。1枚インするだけで、コーデが今年っぽくなるので絶対買い。これには、少しヴィンテージ感を足したいので、柄ボトムを合わせてこなれ感のある着こなしに!

5.ナイロンブルゾン×レトロプリントワンピ

リーボックマークが入ったシャカシャカのナイロンブルゾンを羽織ったのがコーデの決め手。 アウター¥9490/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) ワンピース¥8990/バロックジャパンリミテッド(SLY) 中に着たニット¥5990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 レザーキャップ¥14200/CA4LA ショールーム(CA4LA) ブーツ¥39000/ビームス ウィメン 渋谷(ミスタ)

ヴィンテージライクな総柄プリントのミディアム丈ワンピには、あえてストリートなシャカシャカブルゾンがおしゃれ。なんとなく首もとは詰まってる方が今っぽさが出るのでタートルをインするのがおすすめだよ!

6.キルティングブルゾン×ヒョウ柄ミニ

裏地がひょう柄になったキルティングブルゾン。やや光沢感のあるキルティングがヴィンテージっぽくて可愛い。 ブルゾン¥19800/Little Sunny Bite 中に着たTシャツ¥6000/Comcode inc.SHOWROOM(am) ヒョウ柄スカート¥6990/EVRIS 新宿ルミネエスト店 スカーフ¥2999/H&M カスタマーサービス(H&M)

今季の効かせ柄としておすすめなのがヒョウ柄。インパクトのある柄だけに、ミニくらい面積が少ないもので取り入れるとコーデしやすいこれにはちょっとオーバーサイズのキルティングブルゾンを羽織って、ヴィンテージ感をちょい足しして!

7.Gジャン×花柄ワンピ

ミディアム丈が可愛いヴィンテージ風の花柄ワンピ。ゆったり感のあるらくちんシルエットです。 デニムジャケット¥19800(MOUSSY)、花柄ワンピース¥8990、ピアス¥2990(SLY)/バロックジャパンリミテッド バッグ¥7900/ムルーア 新宿ルミネエスト店 ブーツ¥32000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン)

いわゆるヴィンテージ感のある花柄のワンピース。これだけだとレトロガーリー系のコーデになってしまうので、オーバーサイズのGジャンや厚底のマーチンを合わせて少しストリート感をミックスするのがおすすめ。バッグにはチェックを合わせたりして柄ミックスで着るのも可愛いよね。

8.カラーロングコート×キャップ

ウエストにベルトがついた細身シルエットのロングコート。色鮮やかなミントグリーンでパッと目を引く存在に。キャップ合わせで少しストリート感を出すのが正解。 コート¥19800/ECLIN 中に着たスウェット¥4990/バロックジャパンリミテッド(SLY) キャップ¥4300/カオリノモリ ハラジュク(カオリノモリ) イヤリング¥700/クレアーズ原宿駅前店 スカーフ¥2900/ムルーア 新宿ルミネエスト店 ブーツ¥18800/lilLilly TOKYO(LILICIOUS)

街を歩いてたら振り向いちゃうこと間違い無しのロングのカラーコート。一見難しく見えるけど、おしゃれ感も簡単に出るし意外と合わせやすいんです。開衿タイプのロングシルエットを選べば、パンツ合わせでもミニ合わせでもイケちゃううれしい一枚。可愛く簡単におしゃれ感を出したい子におすすめだよ!

9.スカーフ×コーデュロイボトム

右・フーディーの中からスカーフを覗かせてヴィンテージ感をプラス。 フーディー¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 中に着たトップス¥6980(MOUSSY)、ウエストポーチ¥5750(rienda)/バロックジャパンリミテッド コーデュロイスカート¥9800/Lily Brown スカーフ¥2999/H&M カスタマーサービス(H&M) 左・こんなストリートなエナメルトップスにもスカーフが意外とハマる。 エナメルトップス¥32000/MIDWEST(DISCOVERED) コーデュロイパンツ¥16000/SNIDEL ピアス¥9200/Bijou R.I メガネ¥21000/4K(A.D.S.R.) スカーフ¥2000/arth.lab.新宿髙島屋(arth) ブーツ¥8900/R&E

秋感が簡単に出せる小物といえば今季はスカーフがおすすめ。パーカやニット、スウェットのときは、チョーカー風に首元にスカーフを巻けば一気に今年度もアップ。さらに太めコーデュロイのボトムを合わせればヴィンテージ感も出せてばっちりだね。

10.ボアジャケット×オールインワン

白のオールインワンに白のボアブルゾンを合わせた全身白コーデ。インナーにパープルを覗かせて差し色をプラス。 ボアブルゾン¥10000、中に着たチェックシャツ¥9000/jóuetie オールインワン¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ) 中に着たロンT¥4490/バロックジャパンリミテッド(SLY) チェックキャップ¥5900/override 明治通り店(override) イヤリング¥10000/Bijou R.I ショルダーバッグ¥6500/キャセリーニ(コントロール フリーク) パンプス¥6900/R&E

もこもこ感が可愛い、真っ白のボアジャケットを主役にしたほぼ白コーデ。小物でヴィンテージ感を足したいから、チェックのキャップやキルティングのバッグを合わせるのがポイント。足元はヒールパンプスで女っぽさを足すのも忘れずにね。
 

ストリートスタイルの足元をヒールにするだけで大人感が出ちゃう♡ ぜひ取り入れてみて!
Photos:Osami Yabuta(W) Styling:Kana Tanaka Hair&Make-up:Rei Fukuoka(Tron) Model:Tina Tamashiro,miu(ViVi exclusive) Composition:Mayuko Kobayashi Design:Shinji Honda

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE