2018.11.24

志尊淳♡4年ぶり写真集はシャワーの中まで撮られてます!

今年はイケメン宇宙人からトランスジェンダーまで幅広い役を好演し、その演技力に注目が集まっている志尊淳さん。ほぼ全部セルフプロデュースという最新写真集情報をお届けします!

「写真集を出すのは4年ぶりですが、今回はほぼ全部セルフプロデュースなんです。衣装や構図はもちろん、レイアウトを決めてデザイナーさんに発注するところまでやらせていただきました。写真集を作る時って、言われた通りに完璧に演じ切るか、『これが本来の自分ですよ』と提示するため自分で作っていくか、どっちかだと思うんですけど、今回は後者を希望させてもらいました。だから今の23歳の僕の、名刺代わりと言える一冊になっています」

最新写真集『23』に込めた思いについて、そう語ってくれた俳優の志尊淳さん。裏表紙にはドキッとする一枚を載せていますが、これも自身による発案?

「今回、スタッフの方全員に『24時間いつでも撮っていいですよ』ということになっていたんです。そうしたらハワイの海で泳いだ後のシャワー中まで撮られていて(笑)。でも女性陣から好評だったので、裏表紙に使うことにしたんです。写真を選ぶにあたっては、自己満足にならないよう女性スタッフの意見をかなり参考にさせていただいたので、楽しんでもらえるんじゃないかと思います」

今年はドラマ『女子的生活』、『半分、青い。』(NHK)など、トランスジェンダーの役を演じることが多かった志尊さん。女性として振る舞ってみて、女性の大変さを痛感したそう。

「スカートをはいていたら足は開けないわ、トイレに行ったらストッキングは破くわ付け爪は取れるわ、で。ミニスカートをはいている女性ってすごいんだなと尊敬しました。ずっと、あれは自分をかわいく見せるためだけにはいていると思っていて、それが"努力"だとは知らなかったんです。メイクだって、男はたいていする機会のないものだけど、それを女性は毎日している。そのために早起きして寝るのも遅くなって……。だからもっと、女性のちょっとした変化にも気づいてコメントしてみよう、と思いました」

実は志尊さん、女性を褒めるということには若干のトラウマがあって、なかなかできなかったのだそう。

「昔、髪型を変えた女性に『似合ってるね』と言ったら、『何それ、チャラい!』と返されて、『もう絶対言うもんか!』と思ったんですよ。まわりの女性に聞いたら『それは照れ隠しだ』と言うんですけど、“チャラい”って男にとって結構ショックな言葉。なので女性の皆さんも、褒められたら素直に受け止めてほしいな。でないと本当に辛いです……(笑)」

志尊さんからViViへの切なる願い。皆さん、覚えておいてください!

■ PROFILE
志尊 淳
1995年3月5日生まれ。東京都出身。2011年俳優デビュー。2014年に『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日)で主演を務め、注目を集め、テレビや映画、CMなどを中心に活躍中。今年は2018年上半期ブレイク俳優1位に輝く。現在は主演映画『走れ!T校バスケット部』が公開中。また2019年に映画『フォルトゥナの瞳』が公開予定。
■ INFORMATION
『23』
23。
本人のセルフプロデュースで製作された4年ぶりとなるセカンド写真集。洋服は半分以上が私物、ハワイでの撮影も「もはや密着されすぎてカメラの存在を忘れていた」と言うほど、素をさらけ出した一冊です! ¥2500/11/24日発売ワニブックス
撮影/石川純平 文/山本奈緒子

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE