2018.12.05

「おはよ。」岡田健史のまだ誰も見たことのない顔を激写♡

中学3年生の黒岩晶は、赴任してきた10歳上の女性教師に恋をする。15歳ゆえの純粋すぎる思いをまっすぐにぶつけるが……。10月スタートの話題のドラマ『中学聖日記』(TBS)で、そんな重要な役どころを演じているのが俳優の岡田健史さん。なんとこのドラマが初めての演技になるという、正真正銘の新人。3月までは、九州の高校に通う普通の男の子でした。まだ誰も知らない素顔をいち早くお届けします。

MY CHARACTER

―マジメは僕にとっての当たり前―

この春から事務所の寮で一人暮らしを始めました。

最近は卵とネギとソーセージのチャーハンを作るのがマイブームです。料理、家事が好きなので苦ではないですね。完全なインドア派で、部屋にいるときは台本を読んだり、発声練習をしたり。

大きな役をいただいたので、時間があればパフォーマンスを良くするために使いたいんです。とはいえずっと部屋にいるとモヤモヤしてくるので、走りに行ったり、散歩にも行ったりします。

外の景色を見たり、音や匂いを感じるのが好きなんですよね。九州出身なので、東京に友達は少なくて。一人だけ、同じく春から上京してきた親友がいるので、3ヵ月に1回ぐらいですけどご飯に行きます。友達といるときは、相手の話を聞くし、自分も話します。

大人数で付き合うのは得意じゃなくて、1対1でしっかり相手を感じたいというタイプです。ただ、余程のことがない限り自分から誘うことはないですね。仕事があるから早く寝なければいけませんし。

遊びたい気持ちですか?

全くありません。というか、遊び方が分からないですし……。周りからはマジメってよく言われますが、自分としてはピンときていません。当たり前にやるべきことをやっているだけのつもりなので、「これがマジメなのか、へえー」という感じです。

AS AN ACTOR

―高校球児から俳優へ―

今の事務所には中学1年のときに一度スカウトしていただいていたんですけど、当時自分は野球一筋だったのでお断りしていました。

でも高校野球を引退したときに、演劇部の先生に「出てみないか?」と誘われて。自分は野球の特待生として学校に入ったのに甲子園に出場できなかったので、ここで恩返しをしたいと思い、始めてみたんです。

だから最初は〝助っ人〞みたいな安易な気持ちでやっていたんですけど、地区大会で勝ち残って県大会に出たとき、多くの方に評価していただけて。野球以外で努力を認められたことが初めてだったのと、観てくださった人たちの「良かった」という声がすごく嬉しくて。

本格的に演技をやりたいと思って、ずっと声をかけてくださっていた今の事務所に、今度は自分から電話をかけてお願いしたんです。

『中学聖日記』の晶役のオーディションに合格したときは、19年間生きてきて一番嬉しかった、といっても過言ではないくらいでした。同時に初めての演技でこんな大役を、というプレッシャーにも襲われましたが、やるからにはベストを尽くそうと取り組んでいます。

目指している俳優像は、感情の移り変わりを美しく表現できる俳優。自分の中で〝鮮やかな〞という言葉が浮かんでいるんですけど……、いつかそんな演技ができるようになりたいんです。

ABOUT MY BODY

―野球が教えてくれたこと―

野球は小学校2年から始めて、高校でポジションをキャッチャーに固めました。ずっと甲子園を目指して野球漬けの毎日を送っていたのですが、離れてみて感じるのは、大事なのは技術じゃないなということです。

監督から教わった言葉に「凡事徹底」というものがあって。これは当たり前のことにも気を抜くなという教え。

それと気づきの多さが勝敗を分ける、そのためにも普段から広い視野を持つことが大事だ、とも教えられたんですけど、今演じる仕事をするようになって、共演者の表情までしっかり見ようとするなど、すごく自分の中で生きています。

一方で、野球で作った体のほうはいったんリセットする必要がありました。キャッチャーだったこともあって太ももの筋肉が大きかったので、今回、中学生役を演じるにあたって1ヵ月で10キロ絞ったんです。食事はサラダとヨーグルトとゆで卵だけ。役のためですから辛くはなかったですよ。

今はスポーツはやっていませんが、ストレッチと体幹トレーニングは毎日おこなっています。

あと、体に悪そうなものも一切食べないですね。理想は、スリムなのに脱いだら筋肉がすごい、という体です。でも使わないともったいないので、何かアクションに生かせるスポーツをやりたいですね。とくに呼吸を大事にしている武道とかヨガに、今は一番興味があります。

衣装/すべてスタイリスト私物


PROFILE|岡田健史(おかだ けんし)
 
1999年5月12日生まれ。福岡県出身。180㎝。O型。甲子園出場を目指す強豪校の野球部に所属していたが、引退後演劇部に助っ人として参加したことをきっかけに、5年越しのスカウトもあり俳優を目指す。10月にスタートしたドラマ『中学聖日記』(TBS)で、500人以上が応募したオーディションに合格。主人公に恋する中学生・黒岩晶役を勝ち取った。
Photos:Eiki Mori Styling:Miho Okabe Hair&Make-up:Akemi Nakano(air notes) Interview:Naoko Yamamoto Design:attik

ViVi連載 ―tokyo boy cam―

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE