2018.12.10

三浦春馬が好きなのは、黒髪ロングと○○○な女の子♡

年末公開の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』で、将来に悩む医大生を熱演している三浦春馬さん。その俳優歴は、28歳にして何と21年! 仕事観、そして恋愛観の変化を伺いました。

筋ジストロフィーを患う鹿野靖明さんをモデルにした映画『こんな夜更けにバナナかよ』。大勢のボランティアを集め、図々しくてお喋りで自由に振る舞う鹿野さんに、周囲は翻弄されながらも自分を見つめ直していく……。三浦さん演じる医大生の田中久も、そんな鹿野さんを通して成長していく一人だ。

「田中は介護ボランティアをする中で、自分は患者さんと真っ直ぐ向き合えるような人間じゃないと思い、医師への道を諦めようとします。どの職業を目指すうえでも、誰しも『これが自分のストロングポイントだ』と思えるような情熱を抱いていると思うんです。田中ならそれが、誰よりも患者さんのことを真摯に考える、という思いなんですけど。それが様々な経験をする中で、『本当は自分本位な人間なのかも』と自分を疑い、卑屈になっていく……。でも最初に抱いていた思いは決して嘘ではないと気づいてほしいし、同時に迷い卑屈になった自分も認めてあげてほしい。そんなメッセージが、田中を通して伝わればいいなと思っています」

三浦さん自身、長い俳優生活の中で田中のように揺れた時期もあったという。

「僕が田中のように変われたのかは分からないですけど、虚勢を張ったり、できないことをできると思い込むことはやめよう、と心がけるようになりました。実際、やってみたはいいけど結果は伴わなかったですから。だけど今は、虚勢を張った自分も認めてあげたい。そう思えるようになってから柔軟になったし、色々なことに寛容になりました。もう
28歳ですから、さすがに少し余裕が出てきたのかな、とは思います」

そんなふうに仕事における変化を語ってくれた三浦さん。恋愛観のほうも、変化はあったのだろうか?

「女性の外見に関しては、変わらず黒髪ロングが好きですね(笑)。でも最近は、1つのことにオタク並みに詳しい女性っていいなと思うようになりました。家電に詳しいとか、料理なら栄養学まで究めているとか。その魅力が分かるようになったのは、年齢によるものかもしれません」

では三浦さんが今、オタク並みに究めたいと思っていることは?

「今年の夏からサーフィンにハマっていて。時間がとれたら、オーストラリアに1週間くらい海外合宿に行きたいですね。オーストラリアって多国籍文化で劇場も多いんですよ。だから海辺に宿泊して、明るいうちはサーフィンをして夜は観劇に行く。うわー、最高ですね♥」

ニット¥19000/トゥモローランド(トゥモローランド トリコ) パンツ¥58000/アミ オモテサンドウ(アミ アレクサンドル マテュッシ) コート¥79000/スタジオ ファブワーク(タクタク)

■ PROFILE
1990年4月5日生まれ。茨城県出身。7歳で俳優デビュー。『恋空』、『ラスト♡シンデレラ』など代表作多数。近年は舞台に力を入れており、2019年1月より主演舞台『罪と罰』、4月より『キンキーブーツ』の公演が控える。また主演映画『アイネクライネナハトムジーク』も公開予定。
■ INFORMATION
『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
23。
34歳の鹿野靖明(大泉洋)は難病の筋ジストロフィーを患っており、首と手しか動かせない。そんな彼は、田中久(三浦春馬)や安堂美咲(高畑充希)らボランティアにワガママ放題。でもみんな、彼のことが大好きだった。講談社ノンフィクション賞を受賞した笑いと涙の実話を映画化。12/28より公開。
撮影/石川純平 スタイリスト/上田リサ(HITOME) ヘアメイク/倉田明美 取材・文/山本奈緒子

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE