2019.02.09

渡辺直美&谷まりあがMC♡話題の恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい2』の放送裏側をお届け!②

若手俳優男女8人が、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様をおいかける、ちょっぴり大人の恋愛リアリティーショー。見ていてドキドキが止まらない本番組のMCをつとめるのは、ViVi読者から絶大な人気を誇る渡辺直美さんと、我らが谷まりあ♡収録現場にお邪魔して、ふたりに撮影の裏話、聞いてきちゃいました♡

そろそろクライマックス! 第11話のみどころは?

渡辺 10話でペアが決まって、台本をもらってそのペアで最後の演技がおこなわれるという……。

 しかもいろいろ自分たちで選択できる台本ですからね。

渡辺 これ衝撃だったよね。ほぼアドリブみたいなもんだからね。しかもその選択が地獄。仕事を選ぶのか恋愛を選ぶのかっていう……。男子チームは、役者としての選択をとるって感じだったよね。まあプロならそうだよね、「この人好きじゃないんで無理です」とか言えないもんね。

 だから、ある意味、主演に選ばれた俳優が私たちの期待を裏切ってくれましたよね。「そっちいくか〜」って。面白いといえば面白かったですけど。

渡辺 ただ、相手役の女優がめっちゃ泣いてたんだよね。この涙とは……、というのが最終回につながるんだよね。

 その女優、「驚いた」しか言ってなかったですからね。

渡辺 そう、このひと言を私たちは見逃してませんから!

 女子はみんな分かってますから!(笑)

渡辺 福徳さんも前野さんも、男性MC陣は「何でそんなん分かるの!?」と言ってたけど、過去にも私たちが言った通りになることがあったからね。

 そうそう、「予言者やん……」って(笑)。

ぶっちゃけ「コイツやだ」って思った人はいますか?

渡辺 いないですけどね〜♪

 うん、いないいない(笑)。……ただ私たちは女性なので、男性陣に対して思うところはありましたけどね。

渡辺 けっこう男性全員に対してあったかも。もちろん大好きだけど、たとえばりくは最初の頃、オーディションに落ちると自分ばかり落ち込んでたじゃん? 相手を思いやってないなーと感じていたけど、途中からはミケに対して「頑張ろう!」と変わっていったので、「お!」と思ったなぁ。あとはまさきの、気がないのに花音に対して優しくするところはどうなの?とも思った。手をつないだり、服を貸してあげたり、温かい飲み物を持ってきてあげたり。

 ありましたね〜。ああいうの、ダメですよね。

渡辺 あとコウとカツは、皆さんの想像通りの……(笑)。でも最終回はけっこうハッピーだよね?

 ですね、清々しいですよね♪

個人的に一番応援していた人は誰ですか?

 私はまさき。本当に一途なところがグサグサ心に刺さりました。あそこまで人を思いやれる男の人っているんだな〜って思いましたね。

渡辺 いや、あれは素晴らしい! 本当にもかのことを信じてたんだろうな、と思った。だって普通は、なかなか振り向いてくれなかったら「もういいや!」ってなっちゃうけど、すごいもかを信じて走ってた。あの姿は応援したくなったけど……、一番応援していたとなると私はやっぱりく。途中からはもう大丈夫だなと思ったけど、もかとミケに挟まれていたときは、これはけっこう大変だな〜と心配していたから。女性は、全員を均等に応援していたよね?

 そんな感じでしたよね。女性に関しては、誰がいい、誰がヤだというのは本当になくて。みんなピュアでいい子だったから。

渡辺 あと、強いて言えばコウカツコンビはちょっと……という感じかな(笑)。

 カツも、マジメすぎるがゆえのあの言動で、別に悪いヤツではないと思うんですけどね。

渡辺 でも10話のカツは良かったよね。うちらが言うのも何ですけど、「みんな成長したな!」って。

 思いました。顔つきも全然変わってましたし!

■ Information.

『恋愛ドラマな恋がしたい2』

若手俳優男女8人が、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様をおいかける、ちょっぴり大人の恋愛リアリティーショー。“共演同士の恋愛”という禁断のテーマと、“全話に必ずあるさまざまなキスシーン”という視聴者もドキドキの展開に、スタジオMCとして切り込むのは、タレントの渡辺直美さん、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介さん、俳優の前野朋哉さん、我らがViViモデル・谷まりあの4人。見始めたら止まらないこと間違いナシ!
Photos:Keisei Arai Text:Naoko Yamamoto

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE